ブログ

カテゴリーアーカイブ: 生産者さん・メーカーさんおじゃまします!

トイレットペーパーができるところを見学したよ!

グリーンコープ生協ふくおか大牟田支部の親子40人が、8月3日(木)にグリーンコープのトイレットペーパーを作っている大分製紙さんの豊前工場を見学したよ。
使い終わったカタログGREENを組合員から回収して、大分製紙の工場でグリーンコープのトイレットペーパーにリサイクルするんだ。
カタログをトイレットペーパーにリサイクルすれば、その分ゴミも減らせるし、紙の原料のパルプになる森林の木も守れるなんて、ほんとにいいことだよね!

はじめに、工場長さんがトイレットペーパーができるまでの工程を説明してくれたよ!

A

グリーンコープのトイレットペーパーはこの4種類。

GCシングルトイレットペーパー GCダブルトイレットペーパー コアレストレペシングル ワンタッチコアレスダブル

GCシングルトイレットペーパー
GCダブルトイレットペーパー
コアレストレペシングル
ワンタッチコアレスダブル

 

回収されたカタログGREENとチラシ類

回収されたカタログGREENとチラシ類

 

再生された紙はこ~んな大きなロールになるんだ。みんなびっくり!

D

D2

この大きなロールを巻きなおして、いつも使うトイレットペーパーの長さのロールを作るんだって。

 

E2

長~いトイレットペーパーができたよ。ふわふわの手ざわりだね!

E

 

最後に、グリーンコープのトイレットペーパー(手前)と、市販のトイレットペーパーの長さ比べをしたよ。両方のロールをどんどん引っ張ったら、市販のロールは早くなくなってしまったけど、グリーンコープのロールは引っ張り続けてもなかなかなくならなかった。

F2
市販の通常のシングルロールは55m、グリーンコープのトイレットペーパーは130mなんだって。同じくらいに見えるのに、グリーンコープのは倍以上も長いんだね。長持ちしてお得だね!

 

リサイクルは商品になったものを利用することも大切なんだって。
市販品の多くのトイレットペーパーに比べて、約2倍も長持ちするグリーンコープのトイレットペーパー、利用してね!

工場前でみんなで記念撮影

工場前でみんなで記念撮影

びん牛乳の生乳産地へ行って、牛さんに会ってきたよ~!

びん牛乳のおいしい季節だね!
ボク、熊本の菊池地域の産直びん牛乳の生乳産地に行って来たよ。
(。・ω・)ノ゙

これからどんどん暑くなるけど、牛さんは暑さに弱いんだって。
だから扇風機を回したり、水分をミストにして牛舎の中に飛ばしたりして、少しでも牛さんが涼しく過ごせるようにしているそうだよ。
「動物だから予定外のことがいろいろあるんだ。搾乳ロボットを使っているけど、24時間動いているからトラブルがあれば夜中でも対応するんだよ。」って生産者の西本さん が言ってたよ。

西本さん

西本さん

 

ここは石井さんの農場。

石井さん夫妻

石井さん夫妻

生まれて2ヵ月のかわいい子牛を見せてもらったよ。
(*≧ω≦*)
わぁ!牛さんになめられちゃった!くすぐったいよ!

わぁ!牛さんになめられちゃった!くすぐったいよ!

 

最後に行ったのは芹川さんの農場。

芹川さん

芹川さん

搾乳は毎回1時間30~40分かかるんだって!それを毎日2回やっているそうだよ。大変だ~!
w( ̄Д ̄;)w
「以前は休みがなかなか取れなくて大変だったけど、今は、酪農ヘルパーさんに頼めるからちゃんと休めているよ」って。
牛さんのお世話は毎日しないといけないもんね。休めるようになって、良かった。

 

どの農場でも、いろんな工夫をして牛さんを大切に育てていたよ。
グリーンコープのびん牛乳は、生産者のみなさんが毎日一所懸命にお世話してくれて、エサにもこだわって育てた牛さんの生乳からできているんだってわかったよ。
大切に飲み続けたいね!
(@゚ー゚@)ノ

体験田で田植えに挑戦!~北九州地域(ふくおか)

こんにちは~。
6月になって、田んぼに行くと元気なカエルの合唱が聞こえてくるようになったね。
グリーンコープのお米の産地では、田植えがすっかり終わって、稲がすくすく育っているよ。
(*゚▽゚*)

グリーンコープでは、組合員が、田植え、虫見、稲刈りなどのお米作りを体験することで、食べものや農業、生き物がたくさんいる環境のことなどを考えられるように、各エリアで「体験田」をしているんだ。
毎年たくさんの組合員が親子でお米作りを体験しているよ。
生産者が教えてくれて貴重な体験ができるから、どこの単協でも大人気なんだよ。
(≧∇≦)

グリーンコープ生協ふくおかの北九州地域でも25組の組合員親子が、福岡県の赤村有機農業生産組合で体験田の田植えに挑戦したよ。田植え3

田植え5

田植え6

慣れない田んぼで田植えをがんばった体験田参加者は、昼食交流会で生産者と一緒にカレーを食べたんだって。
あ~ボクも行きたかったな~。残念!
(о´・ε・`о)

次は虫見体験をするそうだよ。
ボクも行きたいな~。

田植えを体験させてくれた赤村有機農業生産組合のみなさん

田植えを体験させてくれた赤村有機農業生産組合のみなさん

。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚
◆◇◆ 元気くんのお米豆知識 ◇◆◇

グリーンコープの産直米は、赤とんぼが飛びかう豊かな自然環境が守られることを願って「赤とんぼ米」という名前がつけられたんだよ。
赤とんぼ米は無・減農薬が基本で、栽培基準に応じて「赤とんぼ有機」「赤とんぼA」「赤とんぼB」「赤とんぼC」と、4種類あるんだ。
生産者のみなさんにとっては、無・減農薬での栽培は草取りや害虫の発生など手間ひまがかかって大変だけど、食べる人にも育てる人にも、そしてそこに住む生き物にとっても、安心・安全なものがいいよね!
(´∪`*人)

詳しくは、グリーンコープのホームページを見てね!
コチラ

青果生産者の中村グループに行って来たよ~!

グリーンコープの人参やにんにく、ごぼうを作っている、中村グループに行って来たよ!

中村さんご夫婦

中村さんご夫婦

わあ~!これぜ~んぶ人参なんだ!
((((o゚▽゚)o)))

圃場

中村グループは無農薬・無化学肥料にこだわっていて、除草剤などを使わないので、草取りが大変なんだって。
草が生えないような工夫もしているけど、それでも収穫するまでの4ヵ月ぐらいの間に4~5回は草取りをしないといけないそうだよ。
中村さん、大変だ~!w( ̄Д ̄;)w

 

中村さんと息子さん。息子さんは、大学を卒業して農業を始めたばかりなんだって。

中村さんと息子さん。息子さんは、大学を卒業して農業を始めたばかりなんだって。

 

トラクターに乗せてもらっちゃった。(*´艸`)ボク、カッコいいでしょ。

トラクターに乗せてもらっちゃった。(*´艸`)ボク、カッコいいでしょ。

 

中村さんおすすめの人参の食べ方は、ジュースやスティック。
中村さんは、人参ジュースを作った搾りかすは、人参ごはんにするんだって。
農薬をほとんど使っていない人参なんだもん。
ぜ~んぶ食べないともったいないよね。
d(^-^)

人参は、「甘みがあっておいしい!」って、グリーンコープでも一番人気の野菜なんだよ。
中村さん、これからも安心して食べられる、おいし~い人参をたくさん作ってくださ~い!
ヾ(●´▽`●)ノ

人参と元気くん

九重高原微生物研究会に行って来たよ!

5月22日、大分県九重高原にある九重高原微生物研究会(九微研)におじゃましました!

01

九微研は、30年くらい前からグリーンコープの野菜を栽培しているんだって。
生産者のみなさんは、「ふもとを流れる筑後川を汚さないように、できるだけ農薬を使わないようにして、土づくりにこだわった栽培を心がけているんだよ」って。
環境のことまで考えて野菜を作ってるんだ。すごいね~。ボク、うれしい!
(*´∀`*)

高地の気候を生かして栽培している、グリーンボール、フリルレタス、トマト。そして、ブルーベリーの木がたくさん植えてあるところも見せてもらったよ。

「収穫はもう少し先だけど、頑張って大事に育てて、おいしい野菜をみなさんに届けます。待っててください!」

「収穫はもう少し先だけど、頑張って大事に育てて、おいしい野菜をみなさんに届けます。待っててください!」

03

 

ブルーベリーの木

ブルーベリーの木

ブルーベリーがかわいい実をつけていたよ♪

ブルーベリーがかわいい実をつけていたよ♪

去年から飼い始めた「やぎ」。食欲旺盛で雑草をムシャムシャ食べてくれて、生産者の飯田さんは大助かり!

去年から飼い始めた「やぎ」。食欲旺盛で雑草をムシャムシャ食べてくれて、生産者の飯田さんは大助かり!

九微研の野菜もブルーベリーも、ぜひ、一度食べてみてくださいね!
ヾ(*゚∇^*)ノ~