ブログ

安心・安全でおいしい産直りんごをみんなで食べよう♪

みなさん、りんごは好きですか?
ボク、りんご大好きだからおやつの時にいつもみどりちゃんと一緒に食べているよ(^▽^)v

グリーンコープのりんごは、除草剤を使わず、農薬もできるだけ使わずに手間ひまかけて大事に育てられているんだ。ボクたちが安心・安全でおいしいりんごを食べられるのは生産者のみなさんの努力のおかげなんだって。
でも、生産者のみなさんがりんごを作り続けるためにはみんなで利用し続けることが大事だってお母さんが言ってた。

だけど今年はいつもの年より利用が少なくて、まだたくさん残っているんだって。このりんごがもし食べられなくなったら・・・大変だぁ~!!
これからも安心・安全でおいしいりんごを食べ続けられるように、みんなでたくさん利用しよう!

 

詳しくは3/18~配布のチラシを見てね!↓↓↓

190318tsugaru_apple01

クリックすると大きく見れます(pdf:1.5MB)

 

産直りんごを使った「りんごヨーグルトケーキ」のレシピはコチラ↓↓↓

190325ringo_yogurutorecepie

 

 

グリーンコープ生協ふくおかが「福岡県防災賞」を受賞しました!

グリーンコープ生協ふくおかは、2017年7月の九州北部豪雨災害の被災地支援を、組合員を中心に続けています。

グリーンコープ生協ふくおかの、物資支援、食事、高齢者の見守り、被災したお宅や農園地の土砂出し作業などを組合員ボランティアと一緒にすすめている支援の取り組みが、福岡県の防災対策の推進に貢献したということで、平成30年度の「福岡県防災賞(※)」を受賞しました。
(*゚▽゚*)

3月16日(土)に、グリーンコープ生協ふくおかを代表して三原理事長が福岡県の小川知事から表彰を受けました。

190309_01fukuoka_bousai

被災されたみなさんと被災地域に寄り添ったグリーンコープの支援が、福岡県に認められたんだね!
。+゚(*´∀`*)。+゚

表彰後、三原理事長から「グリーンコープは、支えあい助け合いが理念の生活協同組合です。災害時に限らず、何か必要なことがあれば相談ください。災害支援の活動はたくさんの組合員から寄せられたカンパによって支えられています。たくさんの組合員が登録ボランティアにも登録しており、これからも共助の心で支え続け、生命(いのち)を一番大切に、被災された方々一人ひとりの気持ちやニーズに応えながら支援を続けていきたいと思います」とあいさつがあったよ。

190309_03fukuoka_bousai

これからも支えあい助け合いながら、地域に根差した必要とされる支援を続けていきたいね。
ボクもがんばります!p(*^-^*)q

*   *   *   *   *

※福岡県では、2005年に発生した福岡県西方沖地震で得た教訓を風化させることなく、防災意識を高めるために、毎年「福岡県地域防災シンポジウム」が開催され、その中で、防災対策の推進に貢献した団体などを「福岡県防災賞」として表彰しています。

カタログGreenぷらすで見つけた~!

こんにちは~
月に1回発行されているグリーンコープのカタログ、Greenぷらす。
きっと見たことあるよね!

3月11日週に届いたGreenぷらす4月号にすっごくおいしそうなものを見つけたよ~!!
o(@^◇^@)o
ネグロスバナナとマスコバド糖を使った「キャラメルバナナフレンチトースト」。

キャラメルバナナフレンチトースト03

まるでカフェのメニューみたいでおしゃれだね!
(*´艸`)
食べてみた~い!
おかあさんにお願いして、作ってもらおうっと。
(作り方は⇒コチラ

 

もうひとつ、「バナナチョコレートケーキ」もおいしそう~!
(*≧ω≦*)
バナナチョコレートケーキ03
(作り方は⇒コチラ

 

ネグロスバナナとマスコバド糖は、どちらもフィリピンのネグロス島との民衆交易品なんだよ。
利用することで、ネグロスの人たちの経済的な自立を応援できるんだって。
( ^^)人(^^ )
ボクたちはおいしくて安心・安全な食べものを手に入れることができて、ネグロスの人たちは収入を得られる。
どちらも幸せになれるね!
(`・ω-´)b

インドネシア・パプア州、東ティモール、パレスチナ、インドネシア。
フィリピンのネグロス島から始まった民衆交易は、いろんな国に広がっているんだね!

Greenぷらす4月号には、他の民衆交易品も紹介しているよ。

ぷらす4月号民衆交易01
ぷらす4月号民衆交易02

1号から5号まで(3/18~4/20)注文できます。

ぜひ注文してくださ~い!
ヽ(=´▽`=)ノ


民衆交易について詳しくは⇒コチラ

東日本大震災復興支援募金にご協力をお願いします!

2011年3月11日の東日本大震災から8年がたとうとしています。

グリーンコープは、人と人とのつながりを大切に、現地の人々に寄り添いながら、その時々に必要な支援を続けています。

2月25日~3月2日配布のチラシでそのようすをご紹介しています。

190301kampa01
↑クリックするとpdfで見ることができます(1.84MB)

 
特に、2018年はたくさんの組合員が被災地に行って、これまでグリーンコープが支援活動で出会ってきた現地のみなさんと交流を深めました。
190301kampa03
190301kampa04

被災地では、復興・復旧がすすめられていますが、まだまだ支援が必要です。

岩手、宮城両県では、2018年度末で仮設住宅が閉鎖(一部を除く)され、それについての課題もあり、福島県では、原発事故で先の見えない不安や悲しみを抱える人たちもたくさんいるようです。

今後も支援を続けていけるように、今年もカンパに取り組みます。

※カンパのお申し込みは51号・52号でできます(3月4日~16日)

東日本大震災復興支援募金にご協力をお願いします。

 

”被災地を忘れない”生命(いのち)に寄り添う支援を、これからも続けていきます。

 


 

グリーンコープのホームページで、これまでの支援活動のようすをお知らせしています。⇒コチラ

2019年02月28日

「開店!ウメ子食堂」ありがとう!お世話になりました。

福岡エリアで毎週放送されていたRKBラジオの番組「開店!ウメ子食堂」内のコーナー「グリーンコープ元気食堂」が2月で終わっちゃったんだ。
「グリーンコープ元気食堂」は毎週グリーンコープ商品を一つ紹介するコーナーで、3年間も続いたコーナーだったんだ。グリーンコープ生協ふくおかの職員やワーカーズの皆さんが毎週出演したんだよ。
190228umeko01

ボク、最終回の出演者の職員と一緒に、スタッフの皆さんへのお花を持って最後のあいさつに行ってきたよ。
パーソナリティの門馬さんと葉山さんは「グリーンコープの商品はどれもおいしい。今日はどんな商品が出てくるかなって、毎週楽しみでした」って言ってくれたよ。
スタッフの皆さんも「職場班を作って、グリーンコープ商品を利用してますよ。」だって。
嬉しいよ~~~
お別れしたくないよ~~~(´;ω;`)

RKB毎日放送のマスコットキャラ「ももピッ!」とも一緒に記念写真を撮ったんだ。
190228umeko02

スタッフの皆さんが「記念撮影しましょう」って、ボードまで用意してくださいました。
190228umeko03

「開店!ウメ子食堂」の皆さん、3年間本当にありがとうございました。
(≧ω≦。)