ブログ

カテゴリーアーカイブ: 生産者さん・メーカーさんおじゃまします!

九重高原微生物研究会に行って来たよ!

5月22日、大分県九重高原にある九重高原微生物研究会(九微研)におじゃましました!

01

九微研は、30年くらい前からグリーンコープの野菜を栽培しているんだって。
生産者のみなさんは、「ふもとを流れる筑後川を汚さないように、できるだけ農薬を使わないようにして、土づくりにこだわった栽培を心がけているんだよ」って。
環境のことまで考えて野菜を作ってるんだ。すごいね~。ボク、うれしい!
(*´∀`*)

高地の気候を生かして栽培している、グリーンボール、フリルレタス、トマト。そして、ブルーベリーの木がたくさん植えてあるところも見せてもらったよ。

「収穫はもう少し先だけど、頑張って大事に育てて、おいしい野菜をみなさんに届けます。待っててください!」

「収穫はもう少し先だけど、頑張って大事に育てて、おいしい野菜をみなさんに届けます。待っててください!」

03

 

ブルーベリーの木

ブルーベリーの木

ブルーベリーがかわいい実をつけていたよ♪

ブルーベリーがかわいい実をつけていたよ♪

去年から飼い始めた「やぎ」。食欲旺盛で雑草をムシャムシャ食べてくれて、生産者の飯田さんは大助かり!

去年から飼い始めた「やぎ」。食欲旺盛で雑草をムシャムシャ食べてくれて、生産者の飯田さんは大助かり!

九微研の野菜もブルーベリーも、ぜひ、一度食べてみてくださいね!
ヾ(*゚∇^*)ノ~

飼料用米の配合率アップで、産直豚のおいしさもさらにアップ!↑↑↑

みんな、お肉料理は何が好き?
ボクは産直豚肉の冷しゃぶサラダがだ~い好き。
(≧∇≦)

今日はグリーンコープの産直豚肉生産者の紅(くれない)会の浦さん(福岡県糸島市)に豚肉のお話を聞いてきました。

浦さんのやさしくて大きな手でしっかり抱っこしてもらっちゃった!

浦さんのやさしくて大きな手でしっかり抱っこしてもらっちゃった!

 

豚さんはとってもデリケート。外から病気を持ち込まないように、ボクたちは遠くから浦さんの農場を見学したよ。
ヾ(●´▽`●)ノ

お母さん豚は1回の出産で8~12頭の子豚を産むんだって。
生まれてしばらくは、約30℃の暖かい部屋で、浦さんたちが愛情たっぷりに大切に育てているそうだよ。
(*゚▽゚*)

 

浦さんは、「去年から産直豚に与えている飼料の中の飼料用米の配合を10%から20%に増やすことができたんだけど、その分、さらに豚肉の旨みが増しておいしくなったと思うよ。やっぱり美味しいものを食べさせると、それが味に正直に出るんだね。それに、飼料用米の配合を増やすことは簡単ではないけど、飼料用米の栽培を増やすことになって、田んぼも守ることにつながるし、国産飼料の自給率アップにもなる。田んぼの生きものだって元気になるんだよ」って!
豚肉がおいしくなるだけじゃなくて、田んぼと、そこに集まる生きものも守ることになるんだ!すごい~!
Σ(・ω・ノ)ノ!

01

産直豚肉をたくさん食べなくっちゃね!

沖縄の新しい産直青果生産者グループ「真南風(まはえ)」が来られて、グリーンコープ共同体商品おすすめ委員会で交流会があったよ。

共同体商品おすすめ委員会で、沖縄の産直青果生産者グループ「真南風(まはえ)」が来られて交流会があったので、ボクもみなさんに会いに行ってきました。ヾ(●´▽`●)ノ

01

03

交流会には、真南風をグリーンコープに紹介しお世話をしてくれている、鳥越農園ネットワークの鳥越さんたち(たのくら会)も一緒に来られていたよ。(*゚▽゚*)
真南風は、沖縄ピーマンやシークヮーサー、パインなどを作っていて、2015年にグリーンコープの新しい青果生産者になったんだけど、実は1988年に出会っていて、「塩もずく」を真南風から購入することで「石垣島白保のサンゴを守る運動」を一緒にやっていたんだ。
真南風って、沖縄の古い言葉で「初夏に吹く、豊穣をもたらす恵みの南風」という意味があるんだって。

02

真南風のメンバーは、石垣島や西表(いりおもて)島、宮古島などにもいるんだ。

沖縄はなんといっても台風がたくさん通るところ。
夏は台風との闘いなんだって。(◎_◎;)
大きな被害を避ける工夫をいろいろされていたよ。

その一方で、宮古島では大きな川がない上、水はけがよすぎる土壌なので干ばつに苦しめられてきたんだって。

そんな苦労がありながらも、堆肥にするための作物を育てたり、害虫を食べてくれる天敵の虫を利用したりして、土づくりにこだわり、化学肥料や農薬をできるだけ使わない「環境保全型農業」をみんなで協力しながら進めているそうだよ。
( ^^)人(^^ )

「自分たちが作った野菜や果物を食べている人と交流する機会はなかなかありません。おいしいと言ってもらえるのが何より嬉しく、元気になります。」「去年は台風が直撃しなかったので、パインが豊作の見込みです。」と言われていたよ。
楽しみだな~!((((o゚▽゚)o)))

04

沖縄は冬でも暖かいから、加温栽培をしなくてもピーマンやかぼちゃなどの夏野菜が冬でも採れるんだって。
商品おすすめ委員会の委員さんも、「パプリカが肉厚でとてもおいしかった!」って言ってたよ。

カタログGREEN51号に載ってるよ~

カタログGREEN51号に載ってるよ~

沖縄の野菜たち、食べてみませんか?(っ´∀`)っ))

産地交流や工場見学に行ってみよう~!

グリーンコープは、食べものを作る人と食べる人が直接出会う「顔の見える関係」を大切にしていて、組合員が青果生産者のところに出かけて行く産地交流やメーカーの工場見学などに取り組んでいます。
生産者やメーカーのみなさんに来てもらっての交流もあるんだよ。
ホームページの「私の街のグリーンコープ」の各生協の「地域情報」で紹介しているよ。

とっとりでは、お米生産者のファーム宇賀荘(うかしょう)と、6月に田植え、12月には生産者に来てもらって交流会をしたんだね。
どちらも楽しそうだね~♪ヾ(≧▽≦)ノ

とっとり

ふくおかでは、青果の収穫体験や、生産者と一緒に料理会をしたり、コーヒーの工場見学ではおいしいコーヒーの淹れ方を教えてもらったり。

ふくおか

生産者やメーカーのみなさんのお話を聞くだけじゃなくて、実際に田植えをしたり、収穫体験をしたり、ふだんはできない体験もできるんだね。
もちろん、生産者のみなさんの無・減農薬で野菜を育てる思いを聞いたりすると、グリーンコープの食べものへのこだわりが納得~!
安心・安全なことがよ~くわかるよ。d(^-^)

みなさんも、チャンスがあったらぜひ産地交流や工場見学に出かけてみませんか。
取り組みがある時は、各地域からのチラシがカタログGREENと一緒に商品配達時に届くので、チラシをよく見てみてね~。
ヾ(*゚∇^*)ノ~

 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

紹介した取り組みのようすは、こちらから
↓ ↓ ↓

【とっとり】
産直米の田植えに行こう!!

おこめ交流会

 

【ふくおか】

トマト産地交流へ行こう

小石原産直がんばろ会による料理会

アロマ珈琲工場見学

JA福岡市の田んぼで稲刈り

こんにちは~12月になったね!
12月と言えばクリスマス!
クリスマスプレゼントにお願いした恐竜の絵本、楽しみだな~。
(*´艸`*)

今日は、ボクが10月にお米生産者の田んぼで稲刈りした時の写真が届いたから紹介しま~す。(´・∀・`)

01

稲刈りしたのは、福岡市西区にあるJA福岡市 普通作部会の田んぼ。
「今年はお米の出来が良くて、稲穂が重くて垂れすぎているくらいなんだよ」って、この田んぼの管理をされている「農業生産法人 はるさん農園株式会社」の久田さんが言ってたよ。

今年の秋は雨の日が多くて、やっと稲刈りができたんだって。
お天気も良かったけど、稲穂の黄色がきれいだね~。
「この後もどんどん稲刈りしないといけないからとても忙しい」って、久田さん、なんだか嬉しそう。。+゚(*´∀`*)。+゚

02

 

農薬を使わないので草取りが大変だけど、はるさん農園ではジャンボタニシを使って除草作業をしてるんだって。
ジャンボタニシに稲を食べられないように、水加減を調整するのが難しいそうだよ。

生産者のみなさんががんばって作ってくれた「安心・安全なおいしいお米」、たくさん食べようね~!(●>ω<)ノ゙

03

 
*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*

 
グリーンコープのお店では、お正月の「おせち料理」の予約を受け付けています。
ふくおかの野間店で、ボクもグリーンコープの「おせち料理」をアピールしてお手伝いしたんだよ。v(^皿^♪)

04

こだわりの材料で心を込めて作ったおいしい「おせち料理」で、2017年のお正月をお祝いしませんか。
詳しくは、近くのお店に聞いてみてね!ヾ(●゚∀゚●)ノ